借地権の基本

基本的な借地権の決まりについてですが、所有権と比較するとわかりやすいのではないかと思います。
ここで解説する内容で所有権と借地権がどういう権利なのかを知り、ルールを学ぶきっかけとなれば幸いです。


いずれも土地と関わりのある権利なのですが、所有権は文字通り土地を所有する権利、借地権は土地の持ち主から土地を借りる権利のことをいいます。
土地の上に建物をたてた場合、所有権の場合は土地と建物の両方が自己所有となりますが、借地権の場合は建物だけが自己所有となるのが特徴です。


かかるお金に関してですが、所有権の場合は土地の取得費用のほか、固定資産税や都市計画税がかかる形になり、借地権に関しては土地に課される税金はかからないものの、土地を借りているため地代を支払わなければならず、取得する場合には借地権の購入費用がかかることになります。


また、土地が借地権の物件は所有権の物件と比較して取得時の費用負担が軽いのですが、住宅ローンの契約が不可なケースがある、契約は可能でも高金利な場合がある、借地権の売却や建て替えをおこなう場合には持ち主の承諾をとらなければならず、承諾料が発生するなど、注意が必要な点もあります。


ほかにも、借地権には存続期間や譲渡・登記に関するルールなど、知っておかなければならないことがいろいろとあります。
当サイトではそのあたりのことも説明しますので、よくわからなくて困っているという人はぜひチェックしてみてください。